家庭用の蒸留水器 ディディミ(didimi) | ピュアウォーター > 蒸留水器 ディディミのアフターサービス

蒸留水器:飲用水の有害な毒素から身を守る


蒸留水器は蒸留水を家庭でも簡単に作れる機器で、ネットや家電量販店で簡単に購入する事が出来ます。原発事故で放射能に水道水が汚染されて、安全な水への関心が高まって、蒸留水が注目されました。蒸留水とは、簡単に説明すると水道水を加熱した時に出る蒸気を、再度冷やして出来た水です。ヤカンなどで温めて蒸留水を作ると、空気中の埃や汚れを吸着してしまうので、完全に不純物の混ざっていない物を作れません。それをフィルターなどを使って不純物を取り除いて、蒸留水を作れる機器の事を蒸留水器と言います。

 

安全な水を使うための方法には、蒸留水器以外に浄水器などがありますが、それとの違いとしていくつかのポイントがあります。一度蒸留させるので、水道水の中に含まれる有害物質やカルキなどの残留塩素が一切含まれていないで、さらに放射能も含まれません。水道水中に含まれる不純物が一切含まれていないので、赤ちゃんが使うミルク用に使ったり、飲用水に使っても安全です。また水道水の中の不純物により食材に影響を与えないので、料理やお茶やコーヒーなどを美味しく淹れることができます。

 

浄水器はフィルターで不純物を取り除くためにろ過するので、フィルターが必要になります。蒸留水器では水を蒸発させて作るため、交換が必要な大掛かりなフィルターは不要になります。フィルターが不要であるため、その分低コストで安全な水を作れる点が魅力です。但し機種によっては、空気中の不純物を取り除くために、専用のフィルターが付いているものもありますが、浄水器の物に比べれば安価です。浄水器と違って蒸発させるために電気を使用するためにm電気代は掛かります。だけど電気代を抑えて大量に作れる機種を使えば、1回の電気代は低コストで済みます。

 

こんな利点が多くて、不純物のない安全な水が作れる蒸留水器ですが、構造や方式上の幾つかの欠点があります。水道水を入れて蒸発させて蒸留水を作っていくために、作る水の量以上に本体が大きくなります。つまり水道水をいれて沸かすタンクと、それを冷やして蒸留水に戻す冷却部分があるので、その分どうしても大きくなってスペースをとってしまいます。またフィルターを通して不純物をろ過する浄水器と違って、一旦水道水を沸かしてから作るためにどうしてもそれだけ時間がかかってしまいます。これらの欠点はありますが、浄水器では取り除けなかった水道水の不純物が完全に取り除けるので、より安心して水を使いたい人には十分なメリットがあります。



家庭用蒸留水器ディディミのご注文

安全なお水を探している方におすすめしている蒸留水器です。

日ごろから美味しいお水を探している方へ。蒸留水器ディディミはトップクラスの純粋度だから安全でおいしいお水を作り出すことができます。


お買い物ガイド

お買い物ガイド