家庭用の蒸留水器 ディディミ(didimi) | ピュアウォーター > 蒸留水器 ディディミのアフターサービス

水道水に潜む汚染物質の可能性?


水道水には残留塩素やトリハロメタン、水道管のサビ、細菌やバクテリアなどの不純物が含まれている可能性があります。この中でも汚染物質として特に問題となっているのがトリハロメタンと呼ばれる発ガン性物質です。

 

私たちが毎日の生活の中で何気なく使用している水道水は、湖や河川から取得されています。しかし、湖や河川から取得した水をそのまま使用することはできないので、浄水場で消毒されてから提供されることになっているのです。その際に、殺菌力に優れている塩素を使って消毒していますが、塩素をそのまま使うのではく塩素の成分を含んだ薬剤を水に転化して湖や河川から取得した水はなんらかの病原体などが含まれている可能性があるので、水を安全に使用することができるように処理しています。

 

飲み水として使用できるようにするためには、この塩素で殺菌する作業は必要不可欠な工程ですが、殺菌した水の中に残留塩素が残ってしまうのです。もともと水に含まれている有機物と残留塩素が化学反応を起こすと、発ガン性物質であるトリハロメタンという物質が生成されてしまいます。日本の水道水の水質基準では、世界基準でみても厳しい数値の基準値が設定されていますが、やはり毎日大量に摂取し続けてしまうと汚染物質による健康被害が起きてしまう可能性があります。トリハロメタンを大量に摂取し続けてしまうと、アトピー皮膚炎や喘息などが悪化したり、中枢神経への悪影響を及ぼしたり、ガン、催奇形性などが起きる危険性が少なからずあることがわかっています。

 

実は、トリハロメタンは必要に応じた対処を行うことで取り除くことができます。トリハロメタンを除去するためには、煮沸をすることが有効です。しかし、飲料水を毎回煮沸してから飲料水にするというのはとても面倒な話です。そこで毎回水を煮沸する手間と省きながらも、トリハロメタンが含まれていない水道水を飲む方法として、水を煮沸させてできた蒸発水を冷却して水にする蒸留水器という装置を使用する方法があります。実は、水道水に含まれている水以外の物質の沸点は、100℃以上という特徴があります。

 

そこで、水を100℃まで煮沸して蒸発させると、トリハロメタンをはじめとした物質が本体に残るので、水蒸気を冷やして水を取り出すと綺麗な水だけを取り出すことができるという仕組みになっています。蒸留水器のランニングコストはほとんどかからないメリットがあります。使用するだけで毎日手軽に、安全な水を飲むことができるのです。



家庭用蒸留水器ディディミのご注文

安全なお水を探している方におすすめしている蒸留水器です。

日ごろから美味しいお水を探している方へ。蒸留水器ディディミはトップクラスの純粋度だから安全でおいしいお水を作り出すことができます。


お買い物ガイド

お買い物ガイド